=====================


昨日、寝室の収納見直しが
終わったことを記事にしました。



終わってみれば、
特に特別な特徴なども無い普通の感じの
仕上がりになってしまった感があります。

って、単純だからこそ洋服なども
取り出しやすく掃除もしやすい。

狭い空間にごちゃごちゃ工夫を凝らし、
物を詰め込んでいた事こそが
そもそもダメだったって事に気付いた私です。

そう言う状態がカビをはやしてしまった、



あの時の状態に思います。

全出ししての掃除などはとても大変でした。
掃除と言えば手前の空いてるところを
チョロチョロッと掃除機かけて
掃除した気になる程度。

結局、埃や湿気などが溜まりっ放しだったと
反省しています。。


ただ、私。

インテリアには拘って、
少しでも暮らしにオシャレ感も持ちたいな。
家時間は何より比重をおいて楽しみたい。
何の変哲もない普通の日々の
家時間こそが大切な時間。

と、「暮らしの位置付け」をしているので、
時には「見た目の印象」も
重視したりもしたいんです。

ミニマリスト?
物が少ない暮らしは楽かもしれませんが、
下手をすれば無機質すぎて温かみは無くなる。
好きな物が与えてくれる喜びや嬉しさから
幸せを感じられることも暮らしに
心の余裕を与えるように思えます。

感じ方は色々で良いですね。

物の量とその管理。
そして、見た目(インテリア)との融合。
この三つは大事です。

ただ、
収納用品をバッチリと白で揃えただけの
見た目優秀な収納も自分にも娘にも、
合わない事にも気が付きました。

実は、「これでヨシ!」と整えを完了して、
写真撮ったりしてる時に気付いた残念感。

0406枕棚 (2)

ビフォアフ。↑↓

0404枕棚 (2)

afterは、
なんか、どこか、
スッキリして見えませんか?

0404ビフォ (2)

はい、これなんです。

娘の大事な物ファイルがブルー。( ̄▽ ̄;)

これを白の半透明のファイルに変えさせました。
これは母からの「命令!」( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

0404枕棚 (2)

うん、やっぱりすごい!
👏パチパチ

全体(本など物そのものの色)に
関しては仕方ないとして、
使う道具はちょっとの事ですが
色の統一は大事ですね。

扉の開け閉めも楽しくなりました。 
って、「私が」ですが・・・。

でも、娘も、
「ホントだ~スッキリ見えるねっ♡」って。

実は、入れ替え作業が面倒そうで不服顔。
ほんの5分もかからないのに。笑笑

娘はどちらかと言うと、
大雑把で小さな事に拘らない!>長所
でも、こう言う感覚やセンスも
少しでもいいので
身に着けて欲しいとも思います。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
読んだよって、クリック ↑ ↑ でお知らせくださると嬉しいです。